外薗昌也さんの

『赤い妹』
っていう漫画を読みました。

赤い妹 外薗昌也

 

タイトル作の「赤い妹」って、

これ、作者の外薗さんの

実体験に基づいた話だそうで、、、。

 

 

これを読んだせいなのか、、、

アタシも怖い思いをしました。

 

 

、、、読まなきゃよかった( ノД`)

 

 

 

タイトル作品の『赤い妹』。

 

 

 

コミックの巻末にあとがきがあって、

最近それに気づいて見たんですが、

『赤い妹』って、作者の外薗さんの

実体験に基づいた話だったそうです。

 

 

 

妹さんが死んじゃった(あ、ネタバレ)

っていうのは漫画用のオチなので、

実際はそんなことはなかったそうですけど。

 

 

 

なんか、この漫画を描く前に

この話のモデルとなった実体験を

アシスタントさんに話したところ、

そのアシさんにとても怖いことが

起っちゃったっていうんです。

 

 

 

アタシもつい先日、

怖い経験をしたので書いちゃいます。

 

 

 

プロフィールにもあるんですが、

アタシ、病院で医療事務として働いてます。

 

 

 

で、とある週末に、

スマホを病院に忘れて帰っちゃったんです。

 

 

 

次の朝から、友達と温泉旅行に

行く予定だったので、

スマホがなくてはどうしようもないので、

病院に取りに行きました。

 

 

 

夜の23時30分くらいのことでした。

 

 

 

裏口の救急入り口から入って、

守衛さんに声を掛けて鍵を借りて

アタシの机のある医事課に向かいました。

 

 

 

うちの病院って、

医事課への導線が夜は真っ暗なんです。

男性スタッフは当直(夜勤)があるんですが、

怖がりのアタシは絶対無理。

 

 

 

待合ホールに突き当たる

長い廊下の途中にある

医事課に到着して、

鍵を開けていると、、、。

 

 

 

廊下の突き当り、

真っ暗な待合ホールに

病衣(パジャマ)を着た女性の姿が、、、。

 

 

 

まあ、患者さんが散歩したり、

待合ホールで携帯電話で

話をしているのはよくあること。

 

 

 

正直かなりビックリしたけど、

事務室に入り、自分の机の引き出しを開けて

スマホを見つけてホッとしたところで、

入口のドアを見ると、、、。

 

 

 

ドアのすりガラス越しに

赤い人影が、、、。

 

 

 

やっぱりビックリしたけど、

さっきの患者が病室に戻ろうと

通ったんだと思っていたんですが、

その人影がそこから動かないんです。

 

 

 

10秒、、、

20秒、、、

よくわからないけど1分くらい?

 

 

 

これはおかしいと思い、

もう怖くて怖くて、、、。

 

 

 

もちろん幽霊系も怖いですが、

うちは精神科もあるので、

言葉を選ばずに言えば、

頭がちょっとおかしい患者さんも

いるわけです。

 

 

 

そっちの方が怖い。

 

 

 

事務室から守衛室に電話すると、

当直の事務職員の30ちょいの男性が

出たので、その旨伝えると、

一応来てくれるというので、

ホッと、、、。

 

 

 

ふとドアをみると、

あれ?

人影が消えている。

 

 

 

すぐに、ドアをノックされて

入ってきたのはさっきの男性事務職員。

 

 

 

廊下には誰もおらず、

医事課に来る途中も誰とも会っていない、と。

 

 

 

守衛室からここまでは一本道なので、

となれば、ホールに戻ったのかな?

と、男性事務職員は一応見てくると出ていき、

一分もしないで戻ってきても、

やっぱり誰もいないと、、、。

 

 

 

男性事務職員と一緒に守衛室まで

やってくると、守衛さんもいるし、

ちょっとホッとしました。

 

 

 

患者の就寝時間も過ぎてるし、

病棟で探していたりするといけないので、

一応確認してみる?

 

 

 

と男性事務職員が言うのですが、

冷静になると、あの人影の姿が

たぶん女性らしいということ以外、

どういった特徴のものだったか思い出せない。

 

 

 

そういえば、、、

うちの病院のパジャマは

ピンク色なんですが、

暗がりで見たとはいえ、

ずいぶんと赤く見えたような気が、、、。

 

 

 

まあ、中には病院から

パジャマを借用せずに

自前のパジャマを持ち込む人もいます。

 

 

 

でも、やっぱり、

赤かった、、、。

 

 

 

服だけだなく、

全体的に。

 

 

 

いや、もしかしたら、

消火栓のところの

赤いランプにうっすらと

照らされていたのかも?

 

 

 

書いてて怖くなってきたので

ここで止めますが、

以上が、アタシが体験した

怖い思いです。

 

 

 

ホントにただの患者だったと

思いたいんですが、

いまだハッキリしていません。

 

 

 

、、、さて。

 

 

 

前述のあとがきを読んだのが、

つい先日、

アタシの怖い体験の後なんです。

 

 

 

あとがきを読むまで、

『赤い妹』の話が

実話だったとか、

それを聞いたアシさんにも

いろいろあったとか

知らなかったんです。

 

 

 

 

 

Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

 

 

 

 

 

 

 

怖がりの人は

読まない方がいいですよ♪

 

 

 

それでも『赤い妹』を

読んでみたいという方、

『赤い妹』のネタバレ記事はコチラです↓

赤い妹(外薗昌也) あらすじネタバレと感想【心霊オムニバスホラー漫画】

赤い妹(外薗昌也) あらすじネタバレと感想【心霊オムニバスホラー漫画】

外薗昌也さんの『赤い妹』っていう漫画を読みました。、、、怖かったです。真夏なのにゾ~っと涼しくなる、短編ホラー漫画を5話収録したオムニバス作品集です。、、、読ま

投稿 2017/07/12

 

 

 

『赤い妹』

電子コミックサイトで

試し読みできます♪

 

↓  ↓  ↓

 

スマホで読むなら

 

→まんが王国

 

※あかいいもうと と検索してください。

 

 

 

PCでも読みたいなら

 

→ebookjapan